木の葉のアップルパイ2013-6
知人の依頼でアップルパイを焼きました。

パイを作るとき、『皮の厚さ』『具の量』『焼き加減』あと、『生地の混ぜ具合』などなど。。

パイ生地を美味しく焼くのは、いろいろ気を使います。

木の葉のアップルパイ2013-4
最初に、小麦粉に少量のバターを混ぜ、塩水を加えて混ぜます。

この混ぜ具合で焼きあがりの食感が全然違ってきます!

折り込み用のバターを生地と同じ硬さにしてから、折り込みます。

空気を入れないようにバターを包み、めん棒で『端、端、真ん中』と押さえて一気に延ばす。

余分な粉をブラシで落とし、三つ折りにする。

三つ折りをするごとに30分以上冷蔵庫で生地を休ませる。

ここが重要!※小麦粉のグルテンの影響で、休憩を短くしては、生地が縮んでしまう。

美しいアップルパイを作るには、余裕が必要です。

木の葉のアップルパイ2013-2

生地を伸ばして、型で抜き、りんごを乗せてまわりを指で押さえてとじる。

卵黄を塗り、ペティーナイフの先で慎重に模様を書く

そして、焼成。

途中で温度を変え、中までサックリするまで焼きます。

私は、焼き加減に一番気を使います。

木の葉のアップルパイ2013-5

これらの作業が全てパーフェクトにいけば

相当美味しいパイになるはず!

これからもがんばります^^