アップルパイをつくるとき、3日かけて生地を作ります。

3日といっても、生地を休ませる時間が多いのですが、

休ませながら作るのが、パイ生地を上手に作る一番のコツです。

<パイ生地工程>

1日目
デトランプを作成します。
薄力粉と強力粉を半々で合わせた粉に、
少量のバターを加え、砂状になるまでカードと指先で擦り混ぜる。
塩水を加えて切り混ぜる。 決して練らない。
ぼそっとした状態でひとまとめにして冷蔵庫へ。
※1時間でもいいのですが、一晩寝かした方が生地の伸びも良くなって扱いやすくなります。

2日目
バターを包み込み計6回折る。
打ち粉をしながら、バターをめん棒でたたいて生地と同じ柔らかさにする。
バターを生地で包み、のばし、三つ折にする。
向きを90度変えてのばし、三つ折する。
ビニール袋に入れて冷蔵庫で1時間休ませる。
同じ作業を2回繰り返す。
6回折り終わったら一晩寝かせる。

3日目
厚さ3ミリにのばして、菊型で抜く。
冷蔵庫で15分休ませる
ミニめん棒を使って楕円形にのばす。
冷蔵庫で15分から30分休ませる

 生地を並べて生地の上半分水バケする。
大さじ1りんごの甘煮を乗せる。
半分に折り、周りを指で押さえる。
卵黄を塗り、ペティナイフで模様を描く。
210度下火強めで20分。
粉砂糖をふり、190度で20分。
220度で上火強めで5分焼いて、ぴかっとしたら出来上がり♪

 

急いで作って3日目の工程を一気にやると、焼き縮みの原因になります。

パイは余裕がないと上手く出来ないお菓子です。

ひと休みが大切です^^