アップルパイ①

<材料> 手のひらサイズ12個分

強力粉・・・・・100g
薄力粉・・・・・100g
水・・・・・・・100cc
塩・・・・・・・・4g
無塩バター・・・・20g
折込用無塩バター180g
紅玉リンゴ・・・・3個
砂糖はりんごの50%
シナモン・・・・少々

<作り方>

①強力粉、薄力粉を合わせて振るい、バター20g加え、指先ですり混ぜる。

②塩水を少しづつ加え、手とカードを使って合わせる。(決して練らない!)
 ※ぼそっとした感じで。つるつるの状態にすると食感が悪くなる。

③丸くまとめて、十字に切れ目を入れる。ビニール袋に入れ1時間から一晩寝かせる。

④りんごの甘煮を作る。
  リンゴを7mm角に切り、砂糖を加え中火で10分、リンゴが透き通るまで煮る。シナモンを加える。
 (使うときはザルにあけて、汁気をきる)
  
※前日にここまでやっておくと楽です。

⑤バターをめん棒で叩いて、生地と同じ固さにする。
 ※ここが大切!バターが固すぎると伸ばしたとき、生地と一緒に伸びずに切れ切れになってしまう。
 逆にバターが柔らかすぎると生地から出てきてしまう。

⑥生地をバターよりひとまわり大きく伸ばす。バターを包む。(空気を入れないように!!)

⑦手早く伸ばし、余分な粉を払って三つ折する。方向を90度回転させ手早く伸ばし、同様に三つ折する。
30分以上冷蔵庫で休ませる。

※30分以上休ませないと、伸ばしても生地が縮んで作業しづらい。

同様の作業を後2回繰り返す。(計6回三つ折する。)

⑧30cm×40cm厚さ2mmくらいの長方形に伸ばす。

⑨菊型で抜き、楕円形に伸ばす。(上下は厚いまま残す)

⑩水バケして、りんご大匙1.5入れて半分に折る。周りを指で押す。

⑪水で溶いた卵黄を塗る。ナイフで葉脈模様を描く。一箇所空気穴をあける

⑫210℃のオーブンで40分焼く
(20分で生地が上がりきる。一旦オーブンから出して粉砂糖をふる。)
※焼き上がりは、粉砂糖が溶けてピカっと光ればOK。

と、勢いでレシピを載せてみましたが、最初からなかなかうまくは出来ないと思います。
何回も作ると、いろいろわかってくるはずです。
寒い時期にぜひ挑戦してみてください!