ベーグルを何度も何度も作ってみて、やっと安定して出来るようになりました。

ベーグルは空気を入れずにギュギュっと成形するのがコツです。

そのため、ミニ麺棒を使って空気を抜くように作業します。

発酵時間は短めですが、生地はよく捏ねて滑らかな柔軟性のある生地にしておくことも重要です。

 

生地の分割丸めからスタートです!

ちょっと大きめの120gに分割です。

ピンと表面が張るように丸めます。

%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab1010-1

ベンチタイムは短めで。ちょっと生地が緩む程度で。

%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab1010-2

生地のとじ目を上にして手のひらで潰します。その後ミニめん棒で空気を抜くようにのばします。

%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab1010-3

上部1/3を折ります。

%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab1010-4

手のひらで押しつぶします。

%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab1010-5

下部1/3を折り、同様に手のひらで潰して平らにする。

%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab1010-6

上からキュッキュと巻いてくる。

%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab1010-7

巻き終わりは親指の付け根を使って作業台にすりつけて、接着する。

台の上で転がして棒状にのばす。

%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab1010-8

とじ目を上にして、片端をめん棒で扇状にのばす。

右側の生地でとじ目が内側にくるように左端の生地を外側から包む。

%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab1010-9

指2本を穴に入れ、台にすりつけてとじ目を接着する。

%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab1010-10

こんなかんじに出来上がり♪    

生地が発酵しないうちに、手早く作業するのが大事です。

ちょっと気を抜くと発酵しすぎてしまうので気を付けましょう!

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ガス抜き麺棒(小) 25cm
価格:702円(税込、送料別) (2016/10/14時点)