今まであまり作らなかった『バターロール』

ペリカンさんのバターロールに触発されて作りたくなりました。

バターロール-1

作ってみると、成形が難しい。

分割して丸めた生地を休ませてから成形します。

生地を裏返して、手のひらで平たくつぶす。

上下を折りたたみ、三つ折りにする。

向こう側の生地を手前に折り、台にすりつけるようにして閉じる。

棒状にのばしてから片側を細くする。細い方を手前にして置く。

生地の綴じ目を上にして、麺棒でのばす。

太い方から芯を作り、手のひらを使って巻く。

この巻き加減でセンスが出ますよね。

何個も作れば加減がわかってきそうです。

常温で最終発酵。ぷくっとしたら溶き卵を塗って210度のオーブン上段で焼き上げます。

第1回目にしては我ながら上出来です♪

きつめに巻いてしまうと痩せたかんじになってしまうので、

ほどよく巻いて『ぷっくりとしたバターロール』を目指します。

 

今回は80gで分割しました。ちょっと食べ応えのある大きさです。

70g~75gくらいの方がいいのかな?

 

余談ですが。。

一番最初に作ったパンがバターロールでした。

小学生のとき学研の付録についてきたのを実験のような感覚で、

冬だったのでコタツで温めて発酵させて、

ワクワクしながら作ったのに全然美味しくできなかった。

「パンは難しいんだなあ。」と思ったのを覚えています。

 

 

 

北海道産 パン用超強力粉 ゆめちから 100% 2.5kg 10P09Jul16