この前、厚みが足りなかったので、今回は厚めにのばして作りました。

 

スコーンは小麦粉の中にバターを切り混ぜて、粉を油でコーティングして、

後から加える牛乳と粉が直接混ざらないようにして作ります。

この作業によって、パンとは違うふわっとした食感が生まれます。

 

粉とバターをサラサラの砂状になるまで合わせるのが美味しく作るコツです。

(私は、バターが溶けるのを防ぐため、ほとんどカードで切り混ぜます。)

牛乳を加えるときも少しづつ、水分を含ませるかんじで切り混ぜていきます。

決して練らないことがコツです。

型で抜いて、表面に卵黄を塗って、

190度のオーブンで30分くらい、美味しそうな色になったら出来上がり♪

 

食べるときは、オーブントースターでちょっと焼くと

まわりがザクザク、中がふわっとなってより美味しく召し上がれます^^

 

 

私は、粉にバターを混ぜる作業が得意なので、パイとかスコーンは上手くできます。

スコーン教室とかやったら、みんなでシャカシャカ切り混ぜるのが楽しそう♪

工程も少ないし、手軽に家でもできるのでいいですね。

来年、実現できるように頑張ります!

 

では、また

 

This article has 2 Comments

  1. グラハムスコーン美味しそうちょっと見た目たこ焼き?(笑)とんちゃんでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。