かなり久しぶりにシナモンロールを焼きました。

上手く焼けるか心配でしたが、以前と同じように焼けました。

このシナモンロールは形が好きで作っています。

長方形にのばした生地に、溶かしバター、グラニュー糖、シナモンを大量に振り、巻く。

この作業が毎回同じようにできれば、商品になってきたなあと感じます。

このシナモンロールは、あとは大きさが決まれば商品になりそうです。

 

北欧シナモンロールの影の主役はカルダモンです。

カルダモンは「香の王様」と呼ばれカレー粉や、インドのチャイにも使われるスパイスです。

ショウガ科ですが、ショウガほど辛くなく、爽やかな香りがして、

入れるとなんとなく北欧気分になります♪

北欧ではかなりポピュラーなスパイスだそうです。

自分も最近カルダモンに愛着が沸いてきて、スープなどにも入れるようになりました。

こんなかんじで、箱に入れて素朴な手土産用とかも、

箱を開けたとき可愛いシナモンロール。良いですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。