レーズン酵母でパンを作り始めて4年経ちました。

よく続いているなあと思いますが、毎日食べても飽きずに美味しく食べられるので

ついつい面倒くさくても作ってしまいます。。

 

でも、ちょっと疲れていたので、たまにはドライイーストで作ってみようと思って、

シナモンロールと胡桃ベーグルを焼いてみました。

 

短時間で見た目はとっても美味しそうに出来たのですが、

風味がなんだか物足りない気がします。

自家製酵母のパンは噛めば噛むほど奥深い味わいがする。

ランチでベーグルサンドを持って行くと、引き出しを開けるたびに、

美味しそうな香りがして食欲をそそります。

自家製酵母に慣れてしまっているので、もう普通のパンには戻れない。。

その事実が確認できました。

やっぱり自家製酵母でパンを焼き続けよう!と決めました。

時間がかかるだけの意味が十分にあると確信できました。

 

今現在、パンをこねるのも機械を使わず手ごねでやっていますが、

そろそろニーダを買おうかなあと思い始めています。

辻製菓専門カレッジに通っていたとき、担任の先生はパンの主任でした。

パンの上達には、「粉と仲良くすること」と言っていたのをよく覚えています。

確かに手でこねているとそれぞれの粉の特徴がわかって、捏ね方とか調節できる気がします。

でも、もう充分手で捏ねたので、そろそろ機械を取り入れようかなあ。。

 

そんな誘惑にかられる今日この頃です。