以前、レモンの砂糖漬けを作ったとき

レモンの皮を砂糖液に浸す作業をしていたら、

ペクチンゼリーができたことがありました。

「あ、この白い内皮のところにペクチンがあるんだ」と気づきました。

 

今回、レモンジャムをつくるとき、たくさんの内皮が出るので、

ペクチンを抽出してみることにしました。

 

ホウロウ鍋に内皮とたっぷりの水を入れて火にかけます。

苦みをとるため、味をみつつ2回くらい煮こぼします。

かぶるくらいの水で60分くらいことこと煮ます。

とろとろの状態になったら抽出完了です。

漉し器で静かにこします。

抽出した液はさらっとしています。

これを瓶に詰めて出来上がりです。

ジャム作りの強い味方が出来ました♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。