レモンの皮を甘く煮て、グラニュー糖をまぶしたものです。
と、言うと、簡単に聞こえますが。
ちと、手間ひまかかるしろものです。

img_0353

<作り方>  レモンは10個使用

1、レモンの皮を5ミリに切り、一晩水に漬ける。
2、ザルにあけて水をきる。
たっぷりの水を沸かし、レモンの皮を入れて中火で30分くらいゆでる。
3、別の鍋に水1リットル、グラニュー糖500gでシロップを作る。
4、柔らかくなったレモンの皮を沸騰したシロップに入れ、再沸騰させる。
火を止めて一晩置く。
*****翌日*****
5、ザルでレモン皮とシロップに分ける。
6、シロップに150gのグラニュー糖を加え、中火で沸騰させる。
(レモンの皮から水が出て薄まるので、砂糖を追加する)
7、レモン皮を入れ、再沸騰させ、火を止める。
そのまま一晩置く。
8、「5~7」を繰り返し、10日間かけて煮詰める。
※グラニュー糖の量は、150g、100g、50g、30gと減らしていった。
9、10日目は、シロップの20%の水あめを入れて同様に漬ける。
10、最後に新しく濃いシロップ(砂糖:水 3:1)を作り、
撹拌してシャらせたものにくぐらせて、80度のオーブンで乾かす。
乾かなければ、広げて数日放置する。
11、グラニュー糖をまぶして出来上がり。

かなり、長い道のり。でも、甘酸っぱくて美味しいです♪