『リンツァートルテ』は私の大好きなお菓子の中のひとつです。

b0243622_19584059

シナモン、クローブ、くるみ入りのスパイシーな生地とベリージャムが良く合います。

今回は、手作りの苺ジャムと市販のラズベリージャムをブレンドして使用しています。

b0243622_19585263

7センチの型で焼き、周りに粉砂糖をふります。

型を置いて粉砂糖をふるのですが、ピッタリなのはココアの蓋です。

ちょうど良く余白が出る大きさです。

粉砂糖なしでは、かわいさ半減。粉砂糖は重要なアイテムです。

ここでは、プードル・デコールを使用。(溶けない粉砂糖です)

b0243622_19591258

切ってみると、断面はこんなかんじで。

ジャムがたっぷり入っているので、かなり甘いです。

焼き立ては、甘すぎて美味しくないです。

冷ましてちょうどよい甘さになると思います♪

コーヒーと一緒にどうぞ^^

このお菓子は、専門学校で横山牧子先生から教えて頂いたオーストリア菓子です。
先生は大阪で『ヴィナー・ローゼ』というカフェをやっているそうです。
私を虜にした先生のお菓子をもう一度食べたいと思っています。

補足:『ヴィナー・ローゼ』は横山先生から山﨑先生に引き継がれ、玉造で営まれていました。でも、行こうと思いつつ行けないうちに2016年3月で閉店してしまったそうです。あ~!本当に行っておけばよかった~!また、どこかでやってくれないかな。。そしたら、一目散に伺いますよ!!