友部の栗の渋皮煮2016<1>のつづきです。

%e6%a0%97%e3%81%ae%e6%b8%8b%e7%9a%ae%e7%85%ae20161112_%e2%91%a2

シロップだけを煮詰めて栗がかぶるくらいになったら、

栗を戻して30分弱火でコトコト煮ます。

再び栗を取り出し、シロップのみを濃度が出るくらいまで煮詰めます。

栗を戻して再沸騰したら火を止めます。

熱湯消毒した保存瓶に移し、バニラの鞘を1/2本とブランデーを大匙1入れて出来上がり!

いつもより甘めに出来た気がします。

今回はいつも通り三温糖を使いましたが、グラニュー糖の方がすっきり栗の味が際立って良いのかもしれません。

%e6%a0%97%e3%81%ae%e6%b8%8b%e7%9a%ae%e7%85%ae20161112_%e2%91%a4

今回は、名人レシピで作りましたが、次回は栗の処理の仕方や扱い方などはこのやり方で。

シロップ煮詰めは今まで通り、数日かけてやってみようと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。