家で採れた夏みかんの皮から酵母を抽出して培養しています。

酵母の世界は目に見えませんが、気泡が多くなって、香りも変わってきて、

着実に酵母がどんどん増えてきているかんじが面白いです。

 

ちょっと写真を取り損ねましたが、昨日見たときは、瓶の上の方まで上がっていました。

今日の朝見たら、こんなかんじに落ちていました。

これで、シェフ(初種)は完成です♪

香は、あまり嗅いだことのない発酵臭です。

爽やかさは無く、もったりとした奥の深い香りがします。

このシェフ100gに小麦粉200g水100gを加えて混ぜて仕上種を作ってパンを焼きます。

私は自家製酵母の酸味が苦手なので、なるべく酸味を出さないようにしています。

仕上種でワンクッション入れると、酸味の無いパンが焼けます。

いつも作っているパンを夏みかん酵母で焼いてみて、味の違いを確認してみたいと思います。

 

種継と仕上種のこと、気になる方はこちら→レーズン酵母起こしました<5>

酵母を育ててみようという方はこちら→私の酵母の育て方

 

では、また

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。