なぜか、ライ麦粉の入ったスコーンにこだわって作っています。

たぶん、普通のスコーンを作れば、もっときれいに上がってすっきりするのでしょうが、

自分が好きな味なので、これを作ってしまいます。

今回、2種類作ってみました。

1つ目は、いつも通り薄力粉、強力粉、ライ麦粉、バター、牛乳、きび糖。

スコーンの商品化-5
2つ目は、薄力粉とライ麦粉だけ、強力粉は入れず、バター、豆乳、きび糖。

スコーンの商品化-3

ほとんど違いがわからないかもしれませんが、

1つ目の方が丸みがあって、良い感じです。

2つ目の方は、牛乳を豆乳に変えたため、色付きが悪かった。

食感も強力粉が入っていないと、頼りない感じです。

配合はいつも通りで、ベーキングパウダーの種類とかを変えてつくってみようと思います。
(ベーキングパウダーも裏面を見ると、コーンスターチが多く入っていたり、いろいろですね)

形は、前回大きく作ってみたけれど、この大きさがかわいくていいかな♪

2個入で袋に入れて見栄えが良くできれば、完成です!

スコーンの商品化-4

 

←ライ麦スコーンを商品化<3>

ライ麦スコーンを商品化<1>→