夏みかん酵母で『パン・ド・ミ』を作ってみました。

レーズン酵母と同じ配合で仕上種を作ったのですが、なぜか柔らかく出来てしまう。。

酵母によって生地の柔らかさが変わるのかな?

疑問は残りますが、とりあえず、本ごねのとき水をいつもより控えめにして作りました。

 

捏ねて一次発酵、パンチ、二次発酵、分割、丸め、ベンチタイム、成形と、工程を進めるたびに

美味しそうな良い香りがします。レーズン酵母とは違ったさわやかな香りです。

焼きあがって、蓋を開けると、さらに良い香りがしています♪

 

 

焼き上がりもいつもより柔らかめの「ふっわふわ」です。

 

普段は翌日、冷めて落ち着いてから切るのですが。

無理やり切ってみると、表面はしっかり焼き色がついているのに

中はみずみずしいかんじの焼き上がりです。

やはり、いつもより水分量が多いかんじです。

この水分量の違いは酵母によるものなのか、

近いうちに、再検証してみます。

 

フレッシュな『パン・ド・ミ』が出来ました^^

 

では、また

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。