「ワインに合うパン」とのリクエストで、

久しぶりにハード系のパンを作りました。

久しぶりに作ってみると、捏ね方、成形、空気の抜き具合いなど、

いつも作っている食パンやバターロール、ベーグルとは全く違います。

捏ねすぎず、空気を抜き過ぎず、なんとなく優しく作るイメージです。

 

こちらの素朴なパンは、ちょっと発酵不足で横が激しく割れてしまった~。

最終発酵の見極めをちょっと思い出したので、次回は大丈夫かと^^

 

こちらはお馴染みの「パン・ド・セーグル」です。

仕上種にもライ麦を入れてしまったので、いつもよりライ麦が多く入っています。

ずっしり重たいかんじ。。もう少しきれいに模様を付けられるようになりたいものです。

 

どちらとも味の方はなかなか好評でした。

ハード系のパンは、九麦南香の風味をより強く感じられますね。

久しぶりに作って、食べて。

サワー種で作ったら、もっと美味しくできるのではないかな。。

と、食いしん坊万歳根性がむくむくと湧き上がっています。

GWにサワー種にじっくり挑戦する予定です!