IMG_0488

毎年、この時期にアメリカンチェリーを見かけると作りたくなってしまうドイツ菓子です。
このお菓子は、チョコチップ入りのバター生地に
生のアメリカンチェリーを乗せて焼いたドイツ菓子です。

ドイツ菓子で代表的な『シュヴァルツヴァルダーキルシュトルテ』も
チョコとさくらんぼの組合せですよね。
このクラシックなかんじの組合せが大好きです。

一番下はライ麦粉入り黒糖のビスケット。
その上に、ラズベリージャム。
チョコチップ入りのバター生地に
アメリカンチェリーがぎっしり詰まっています。

IMG_0494
このケーキは、生のアメリカンチェリーを使っているので、
かなり長時間焼きます。

今回は、ビスケットの下焼き170℃で15分~20分。
生地を入れて、180℃下火強めで20分。
下火があたりすぎないように、
鉄板2枚重ねて45分~50分焼きました。

中のアメリカンチェリーの甘酸っぱさが、チョコと合いまくりです。
今回使ったアメリカンチェリーはちょっと未熟なかんじだったので、
酸味が強く、フレッシュなかんじに出来上がりました。
もっと熟したアメリカンチェリーを使うと、
 甘みの強い濃厚な味のキルシュクーヘンが出来上がると思います^^
毎年、この時期の定番お菓子です。

IMG_0492