毎年、杏の時期に作るドイツ菓子です。

生の杏を半割にして焼いてしまう。

素朴に見えますが、生地にシナモン、レモン皮などが入っていたり、食感がザクザクだったりいろいろ楽しめるお菓子です♪

年に1回しか作らないので、なかなか上達しませんが、今年はあと一歩のところまで来た気がします。

 

<材料>18cmのスクエア型1台分

マイレンダータイク・・・・・180g

・生地A・・・スポンジ生地のくず50g、砂糖25g、シナモンパウダー1.5g

・生地B・・・マジパン90g、バター50g、カソナード25g、卵1個、塩0.5g、レモン皮少々、スポンジくず30g、クロカント25g

シュトロイゼル・・・100g

・杏・・・7.5個

・杏ジャム・・・適量

 

<下準備>

・型に紙を敷いておく(焼きあがった時、取り出しやすいように)

・生地B マジパンとバターを擦り混ぜ、カソナードを加えて混ぜ、塩入の卵を少しづつ混ぜる。レモン皮、スポンジくず、クロカントを混ぜる。

<作り方>

①マイレンダータイクを型に敷き、170度のオーブンで周りに色がつくまで下焼きする。

②スポンジくずと砂糖とシナモンを混ぜたもの(生地A)をのせる。

③杏を半割にして種を取り、並べる。杏ジャムを隙間にのせる。

(杏ジャムはのせなくてもOK)

 

④生地Bをのせて広げる。

 

⑤上にシュトロイゼルを乗せる。

 

180度のオーブンで約1時間、表面のシュトロイゼルがきつね色になるまで焼く。

 

4cm×6cmにカットして出来上がり♪

中に入れた生杏がきりっと酸っぱくて、

生地のザクザク感とシナモンの風味が癖になります。

今年は百草の叔父の家で暑気払いで集まった時に、

バニラアイスを添えて、良く冷えた白ワインを飲みつつ食べました。

お菓子とワインってなんでこんなに合うのでしょう♪

 

では、また

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。