愛媛の柑橘セットを仕入れました。

食べたことのない柑橘類も入っていて、興味深々です。

八百屋さんで『はるみ』は見かけますが、買ったことはありませんでした。

皮は柔らかめで、『ぽんかん』ほどはっきりとした味ではないんですね~。

『はるか』は河内晩柑にちょっと似たかんじ。でも小さいので、物足りないかんじです。

『姫小春』は味がはっきりしていて、小さいけど満足です。

『黄金柑』と『清見』をかけあわせたものだそうです。

この詰合せの中で『姫小春』がイチオシです!

『はるか』はジャムにすることにしたのですが。。

どっちが『はるか』かわかりますか?

正解は右の輪っかのような模様があるものです。

 

いろんな柑橘をじっくり見てみると、それぞれに特徴があっておもしろいです。

外皮が薄かったり、厚かったり。

甘みや酸味。中の皮が食べられたり、食べられなかったり。

柑橘類は、組み合わせで果てしなく種類がありそうな気がしてきました。

なんで、皮が厚くなるのか。とか、そのわけを調べると面白そうです。

 

とりあえず、『はるみ』と『はるか』と『伊予柑』でジャムを作ってみます。

どんな味のジャムになるか楽しみです♪

どれが一番おいしいのかな?