今年も杏ジャムを作りました。

去年は長野県千曲市まで高速バスで杏を買いに行きました。

そのときに物産館で送ってくれることがわかったので、

今年は電話して着払いで送っていただきました。

『昭和』という品種の杏です。

本当は『信山丸』希望だったのですが、頼んだ時期が遅過ぎてもうありませんでした。

 

 

<材料> 杏 1300g、三温糖 650g、水 325g

レモンジャムのときに使ったホウロウ鍋が今回も活躍するはずだったのですが、

杏1.3kgはホウロウ鍋では、煮詰めるのにかなり時間がかかってしまいます。

去年も同じことを言っていた気がしますが、短時間で仕上げた方が

きれいな色に仕上がるとわかっていながら、ついつい一度に大量に作ってしまいます。

 

煮詰めていて気が付いたことは、

普通のホウロウ鍋は薄いので、熱伝導率が良くないということです。

レモンの時はあまり気にならなかったのですが、

杏ジャムは出来上がるまで時間がかかるので、

今まで使っていた厚手の鍋の方が焦げる心配なく、良く火が通る気がします。

使い勝手を考えて、ホウロウ鍋が一番ジャムには良いと思っていましたが、

熱伝導率がジャム作りには一番大切な気がして、銅鍋が良い理由がわかってきました。

一度、銅鍋でジャムを作ってみたい!

そんな欲望がふつふつと沸いてきてしまいました。