リンツァートルテ

小さめの苺が安く(ここがポイント)売っていると、 苺ジャムを作ります。

すると、リンツァートルテにしたくなり、作ってしまう。

面倒くさいけど美味しいお菓子です。

 このお菓子は、オーストリアのリンツの名物です。

(今回は小さい型を使ったため、ちょとイメージが違いますが。)

オーストリアのお菓子は地味ですが、とても奥深い味わいです。

 私は、以前『ドイツ、東欧お菓子食べ歩きの旅』をしました。

その時、オーストリア菓子で味のバランスをすごく学んだ気がします。

もちろん、リンツではリンツァートルテをちゃんと食べました♪

日本では木苺のイメージだったのですが、 私が現地で食べたのは、 優しい味の『苺ジャムのリンツァートルテ』でした。

現地に住んでいる人にきいたところ、 人それぞれのリンツァートルテのこだわりがあるそうです。

でも、基本的にベリー系ならなんでもOKみたい。

あと、中に入っている『くるみ』ですが、 ヘーゼルナッツ派もいらっしゃるそうです。

ちょっと面倒くさいけど、作り方は簡単です。

興味のある方はぜひ、作ってみて、 自分好みの味を楽しんでくださいね。

私は今回、苺ジャムで作りましたが、 もう少しすっぱ味があった方が良いかんじです。

5月頃の苺がジャムには良いみたいです。