10年以上前の杏の種を蒔いてみる

今年も杏ジャムを作ったときに杏の種を蒔いたのですが、

梅雨真っただ中に蒔いてしまったので

全て溶けて無くなってしまいました。

その後も再チャレンジしましたが、今年は1個も芽が出ませんでした!

 

最近、家の片づけをしているのですが、

母がとっておいた杏の種を発見しました。

なぜ杏の種がとってあるのかというと。

家の庭には夏みかんの木のそばに杏の木があって、

10年前までは杏が毎年いっぱい成っていたのです。

杏が枯れるとともに、夏みかんが元気に実をつけるようになりました。

 

母はたくさん出る杏の種でなにか出来ないかと考え

健康まくらのようなのを作るために杏の種を溜めていました。

1つは枕が出来ていましたが、今日、もう使う人もいないしと思って捨ててしまいました。

その後、2階を片付けていると何やらゴロゴロした触り心地の袋が出てきました。

家で採れた杏の種です。

ふと、これは芽が出るのかしら?

あの杏がもう一度食べたいなぁと思って蒔いてみることにしました。

家の杏の種はここ数年お目にかかったものとはちょっと変わった形です。

なんだか丸い。。

とりあえず割って水に漬けて蒔いてみようと思います。

 

では。また^^

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

10年以上前の杏の種を蒔いてみる」への1件のフィードバック