青りんごと洋ナシ。。。

なんだか爽やかなイメージで、爽やかなジャムが出来るような気がして作ってみました。

作ってみるとちょっと違って、リンゴの甘煮の洋ナシ風味。

う~ん、爽やかなジャムにするには、砂糖はグラニュー糖

レモン汁かリキュールを加えたりした方が良いみたい。

コンポート作るみたいな感じで作ると、出来そうな予感。

まだまだ修行が足りません!

今回は、星野リゾートのお土産で頂いたリンゴジャムに感化されて作りました。

賞味期限も短めだったので、砂糖の量も少なめなのかなと思われる。

フレッシュ感を出すには、コンポートっぽい方が良さそうです。

 

話はそれますが、頂いたジャムで印象に残っているのは、

ジャンポール・エヴァンの杏ジャムです。

たぶん干し杏を使っているみたいな濃厚な味でした。日持ちも良さそうです。

ジャムも色々な作り方があって奥深いです。

 

果物の加工というのは、その果物の味によって毎年同じように作るのは難しいと思いますが、

ちょっと手強いものにとても興味をもってしまう私には、ぴったりな教材なのかなと最近思います。

 

今年はやめておこうと思いつつ、冷蔵庫には友部の栗が貯蔵されています。

そろそろ渋皮煮に取り組まなくては!!