マロングラッセを作る<1> を書いてから

すぐに作ろうと思いつつ1カ月経ってしまいました。

『渋皮を剥いて1個づつガーゼに包む』という作業が、

とても面倒くさそうに感じてしまい

重い腰があがりませんでした。

 

作り慣れた渋皮煮にしてしまおうか。。。

ここ数日の葛藤があったのですが、

ついに取り組んでみる気になりました!

 

鬼皮を剥いて8時間くらい茹でると書いてありましたが、

たぶんフランスの栗と日本の栗は硬さが違うのだろうと思って、

2時間に短縮しました。

暖かいうちにペティーナイフで渋皮を剥いていきます。

剥くというか外すかんじで、皺が残るようにします。

今回、食品用のガーゼが手に入らなかったので、

お茶の袋で代用してみました。

全部で24個。鍋にきっちり並べて、バニラのさやを間に挟みました。

500gの水に300gの砂糖でシロップを作ります。

熱々のシロップを栗の鍋に注ぎます。

再沸騰させてから常温で一晩置きます。

毎日、シロップを取り出して、

砂糖を追加して沸騰させ鍋に戻す。

糖度を上げていく作業が1週間くらい続きます。

 

取り掛かる前は、面倒くさいと思っていた渋皮をむく作業ですが、

渋皮煮より楽かもと思いました。

また、栗を買ってこようかと思案中です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。