1か月前に作り始めたレモンの砂糖漬け

やっと、最後の仕上げです。

1カ月間ずっと作業していたのではなく、最後の仕上げの手前で冷蔵庫に保存していました。

 

この最後の仕上げは味を決める大事な作業なので、急いでやってはいけません。という訳ではありませんが、時間に余裕があるときに一気にやりたい作業です。

 

皮も柔らかくなって、甘みもしっかり入った状態ですが

これでは『レモンの砂糖漬け』なのか他の柑橘類なのか判断しづらい味です。

最後の仕上げでレモン汁を加えて、『レモンの砂糖漬け』とわかる味にしています。

今回は、シロップに水あめ50gとレモン汁1個分を入れてとろっとするまで煮詰めました。

このシロップにレモンの皮をからめます。

 

オーブンシートを敷いた天板に1本づつ並べます。

これが、かなり地道な作業。

竹串を使って1本づつ並べていきます。

100度のオーブンに1時間くらい入れて乾燥させます。

乾燥し具合も大切で、乾燥しすぎても硬過ぎてしまうし、

柔らか過ぎてもベタベタの仕上がりになってしまうし。

この乾燥させ加減が難しいです。

 

冷めたら、グラニュー糖をまぶして出来上がり♪

今回、仕上げ方法を変えてみました。

最初に普通のグラニュー糖をまぶして、

最後に細粒グラニュー糖で仕上げました。

この方がきれいですね。

シュトーレンの砂糖の付け方にヒントを得ました。

これからパッケージとか考えていきたいと思います。

では、また

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。