今年も信山丸で杏ジャムを作りました♪

今年も長野県の千曲市のあんずの里から杏が届きました。

昨年と同じ『信山丸』という原種に近い杏です。

 

信山丸は小ぶりなのですが、果実がしっかりとしていて杏らしい味で気に入っています。

栽培が難しく作っている農家が減ってきて数が少ないので、入手するのが大変です。

なぜこの杏が良いかというと、たぶん昔家にあった杏の味に似ているからだと思います。

 

去年作ったときにメモした反省を読み返してみると

「2cm角に全部切って作ったが、出来上がりがゆるめなので

半分は裏ごしして作った方が良い」と書いてありました。

メモを参考に今年も作り、気づいたことなどメモします。

 

季節の果実のジャムは1年に1度しか作らないので、

毎年同じものを作るためにはメモは大切です!

 

今年は1度に作る杏の量と、煮詰める時間と火加減と、

出来上がりの本数をメモしました。

これでやっと同じものが、来年迷うことなく出来そうです。

甘酸っぱい初夏のジャム完成しました♪

 

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。