フランス食パンの生地のバリエーションを増やしたいと考え中です。

八百屋さんにおいしそうなトウモロコシがあったので、

さっそく『コーンパン』を作ってみました。

 

今回は前日仕込みでなく、当日シェフ(酵母種)とサフを入れて作りました。

仕上種と湯種をシェフ(酵母種)に置き換えて水の量を変えずに混ぜてみると

ちょっと柔らかめだったので、10g粉を追加しました。

ずっと作り続けていると、パンの種類によって生地の具合がわかってきました。

生地を混ぜ終わったら、茹でたトウモロコシを加えて優しく混ぜ合わせます。

トウモロコシが表に出てきてなかなかまとめ辛いけど、なんとかまとめて発酵。

 

1個145gに分割

大きさはもう少し小さ目の方が良かったかも。

 

 

ぷくぷくっと良いかんじになったら、

220℃のオーブンで焼き上げます。(今回は220℃20分焼きました。)

 

食べてみると、トウモロコシの甘さが強く、塩気が欲しい気がします。

焼く前にハーブ塩を表面に乗せるといいかもしれません。

生地との相性はいいかんじです。

また、挑戦してみようと思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。