『フランス食パン』を完成させるため試行錯誤中です。

今回はモルトシロップは入れず、全粒粉は入れて、湯だねは入れず。。。

なんだか手旗信号みたいになっていますが、作ってみました(笑)

 

今回も蓋をして焼いたのですが、じっくりと味わってみるとなにか物足りないかんじがします。

その原因を『パン・ド・ミ』と比べて考えてみると

『パン・ド・ミ』は副材料がいろいろ入っているので、総重量が重い。

そのため密度が高いということに気が付きました。

『フランス食パン』を『パン・ド・ミ』と同じように発酵させて蓋をして焼いた場合、

スカスカ感が出てしまう。

食べ応えのある食感にするには、型を小さいものにするか、粉の量を増やさなくてはなりません。

やはり蓋はしない方がいいのではないか。。。

よくよく考えてみると、『フランス食パン』は粉の美味しさを強調したいので、

周りが香ばしく焼けていた方が美味しいのではないかと思いました。

次回は、蓋はしないで少し高温で勢いよく焼いてみようかと思います。

早く思うような『フランス食パン』を完成させて、次に進みたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。