ブドウ酵母を使って、『カンパーニュ』と『パン・ド・セーグル』を作りました。

酵母を起こすときに余ってしまう未完成の酵母を使ったので、配合はちょっといい加減です。

取り敢えず一次発酵終了

 

久しぶりにハード系のパンを作ると、食パンに比べ手順が簡単に感じてしまう。

でも、単純なものほど作り手の腕がものを言うんだなあと思います。

混ぜ具合とか発酵具合とか水分量とか丸め方とか。。

それによって小麦の香りの具合も変わってくるんですね。

「生地を傷めないように成形をする。」

専門学校の先生の言葉の意味が良く分かってきました。

 

最終発酵を終えたパン・ド・セーグル

発酵不足だと横割れしてしまう。

 

今回はパン・ド・セーグルは大丈夫でしたが、カンパーニュは発酵不足で不格好になってしまいました。

カンパーニュは成形するとき、もう少し置いた方がいいなと思いつつ成形してしまったのも敗因のひとつです。

パイもパンも余裕をもって作らないと美味しいものができない気がします。

次回からは、いつも通りの製法で。仕上種を前日に仕込んで作ります!

This article has 2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。