宇和島レモンのお仕事が終わりに近づいてきました。

10kg仕入れた特別栽培レモン

最後はレモンジャムを作ります。

 

 

レモンジャムはいろいろ気をつけることが多くて曲者のイメージです。

果実には酸味があって、外皮には苦みがあって硬い。

これを上手く調理して美味しいレモンジャムに仕上げます。

 

外皮、内皮を取り除き、ペティーナイフで果肉を取り出します。

 

外皮は2センチ幅にしてから薄切りにします。

これを30分くらい加熱して、茹でこぼします。

 

外皮と果肉あわせて2kgありました。

琺瑯鍋に三温糖1kg:水500gを入れて沸かします。

沸騰したら果肉と外皮を入れて、やや強火で加熱していきます。

(今回は作ったペクチンを50g入れました)

 

少しとろみがついてからも、木べらでかき混ぜながら加熱していきます。

いつもながら危険な作業です。私は軍手をしてかき混ぜています。

けっこうどろっとするまで加熱して、水に落として固まればOKです。

詳しくはイチゴジャムの作り方を参照

加熱殺菌した瓶に詰めて、脱気殺菌をして出来上がりです♪

レモンの味がギュッと詰まったレモンジャムが出来ました!

 

レモンの仕事が終わり、

来週からは夏みかんの仕事に取り掛かります。

 

では、また

 

This article has 2 Comments

  1. ありがとうございます。
    確かにレモンジャム、あまり見かけませんね。
    『特別栽培レモンのレモンジャム』
    商品化に向けて頑張ります!

  2. こんにちは。
    レモンの香りって最高ですよね。
    レモンのジャムはあまり売っていないので、ぜひ販売してほしいです!

    よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。