フランス食パン生地応用<3>

アップルパイと酵母パンの店をやりたいと思っています。

一人で作って販売するとなると、効率よく仕込みをしなくてはならない。

同じ生地で色々バリエーションをつけられたらと思って考え中です。

ちなみに生地の仕込みの方法は今まで通り

『仕上種と湯だね』を入れ、少量のサフを入れるかんじです。

 

まずは、フランス食パンの生地を使ってノアレザンを作ってみました。

 

今回、フランス食パンは蓋を閉めて角食パンにしました。

 

焼きたてのノアレザンは、いつものノアレザンよりソフトなかんじで美味しい。

フランス食パンの生地は糖分と油分がはいっているので柔らかい食感になるんですね。

でも翌日になるとパサつきが気になるし、物足りないかんじがします。

やはりいつものカンパーニュの生地で作るノアレザンの方が好みです。

フランス食パンの生地に合う具材を考えてみようと思います。

なんとなく甘みもあるので、コーンパンとかが良さそうな気がしています。

色々試してみようと思います。

ではまた^^

3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。